お金が貯まらなかったのは、『レシート』をそのままにしていたから。

 

なぜ、これまで『お金を貯めることができなかった』のか?

お金が貯まらない理由を探っていくと、実は、こういうことがありませんか?

・レシートがお財布の中でいっぱいになって困る。

・レシートが、家のテーブルや引き出しの中、かごの中などでいっぱいになっていて、片づかない。

この記事を書いているわたしも、レシートで困っている人たちのうちの、ひとりです。

この山のようなレシートが、『お金が貯まらないこと』と、いったいどんな関係があるのでしょうか。

わたしの恥ずかしい体験を事例に、一緒に考えてまいりましょう。

DSC04260 (2)

そのレシート、どうしてる?

お金を払ったときに、もらうレシート。

あなたは、このレシートをどうしていますか?

・店員さんから渡されて、「こんなのいらない」と、レジのゴミ箱へ、くしゃくしゃポイと、捨てるひと。

・渡されたままクシャっとして、ポケットへ入れて、どこに行ったのかよくわからない。ふと気がつくと、洗濯機の中で白い粉々になったカケラが。せっかく洗濯したのに、紙クズがいっぱいついていて、うんざり。なんとなくポケットへ入れたレシートが、こんなことになるなんて。

・渡されたレシートは、必ずお財布の中へ入れるひと。

 

わたしの場合は、レシートを『お財布の中へ入れるひと』です。

幼いころから『レシートをもらう習慣』だけはあったのですが、でもその後が、どうもうまくいかないのです。

前日のレシートをおサイフへ入れたまま、翌朝を向かえます。

すると、お財布の中へは2日分のレシートが貯まるのです。

毎日、家のことや仕事でバタバタしていると、おサイフがレシートでパンパンになっていきます。

そしてついに、『次のレシート』が入らなくなったときに、初めてこれらの貯まったレシートはお財布の外に出されるのでした。しかも、てきとうな置き場所へ。

キッチンのテーブルの上だとか、食器棚の引き出しの中だとかに、レシートは放置され、それが日にちを重ねるごとに、どんどん増えていきます。

部屋が片づきません。

物があふれかえっているところへ、レシートが増えていき、そしてお金が貯まらない。

お金が貯まらずに、モノやレシートや、やっかいごとだけが増えていく日々。なんだかおもしろくありません。

考えるだけでもうんざりする家へ、毎日帰るのが、うっとおしい気持ちになる日もたくさんありました。

レシートは、お金を使った証拠

お金を払ったときにもらうレシート。
アレはいったい、なんのための『紙』なのでしょうか。

レシートは、お金をつかった証拠となる紙ですよね。

それをわたしは、もらったままにしていました。

そしてお財布の中へ入れたまま、何日も放置。お財布がパンパンになって、イラっとするから、テーブルの上へ出しただけで、そのあとも、ずっと放置。

ということは、この『お金を使った証拠』の紙を、無視しているということです。

つまり、わたしは『なににお金を使ったのか』を、まったく把握していなかったのです。

お金が貯まらないと、疲れる

お金が貯まらないひとは、毎月の『支出額を把握できていない』と言われています。


ドキッとしませんか?うわーそれって、わたしのことだな。レシートが山積みだし。

お金が足りなくなったら『ATM』でおろします。

どうして『足りなくなった』のかを把握しないまま、翌月も『同じこと』をして、同じようにわたしはATMへ行くワケです。

そして、口座のお金が足りないんじゃないかとヤヒヤしながら、給料日を待つのでした。

決して『散財』していません。毎月カツカツです。自分では『節約』しているつもりなんですよ。

そんな毎月ですから、身も心も休まらず、いつもクタクタでした。

お金が貯まらないと『自分嫌い』になる。

お金の心配をしていると、心はどんよりと、くもり空のようになりますよね。

頭の中では、『わたしはいつも辛抱しているのに』と思っています。
しかし、お金がないのです。貯まらないのです。

こんな毎日だと、気持ちが落ちて、おもしろくありません。

だから、タバコを吸わなきゃやってられないし、『お酒飲まないと、毎日楽しくない』とか思ってしまい、また、お金を使ってしまうのでした。

『毎日がんばってるのに、やってられないなぁ』とか、『こんなハズじゃなかった』とか、

わたしの人生って、いったい何なんだろうとか考え始めると、『お先真っ暗』な気分におちてしまい、眠れなくなることもあるでしょう。

なんだか突然『イライラ』が発生して、もうどうしようもなくムカついて、誰かに八つ当たりしてしてしまったり。

そんな自分が、イヤになり『自分嫌い』に拍車がかかり、毎日がさらに面白くなくなってしまうこともあるでしょう。

お金の心配が多いと、心から余裕を奪ってしまい、せっかくの楽しい人生を『おもしろくない』ものにしてしまうのですね。

支出を把握してみよう

レシートを放置し続けていた自分を、今回、勇気をだして振り返ってみたことで、ひとつ気づいたことがあります。

それはレシートを利用して『毎月の支出を把握』すると、自分のなかの、何かが変わるのではないかということです。

レシートを山積みにして放置するのではなく、きちんと整理する。

できれば、家計簿をはじめたほうが、毎月の支出を把握しやすいでしょう。

毎月どれくらい支出があるのか、自分がわかってさえいれば、「あとどれくらい支出があるんだろう」と、毎日心配することはなくなるからです。

それではまた!

今日もお越しいただき、ありがとうございました☆

 

タイトルとURLをコピーしました