『売り』に行ったハズが『買いたい』気持ちに。リサイクルショップへ行って思ったこと。

 

ワタクシメ
先日、地元の
リサイクルショップへ
行ってまいりました。

『もう着ないだろう』という服を
買い取ってもらおうと思いまして。

じつは数日前から
コツコツと
『まる2年、着ていない服』を
段ボールへ詰めておりました。

タンスの引き出しに
ずーっとあったもの。

衣装ケースに
ずーっとあったもの。

でてくるわ
でてくるわ

『あーそういえば
こういうのあったよねー』な
服のかずかず。

そのなかには、
『新品』のまま
『着なかった』洋服まで
あったのでした。

あーあ。

なんのー
ためにー。

わたしゃ
どーして、
こんな洋服を
買ったのでしょうねー

目をつぶって
回想すると、

思い出す
あのシーン。

わたしはあのとき
『この服』を
お店で手にして、

いったい何を
考えていたのだろうか。

わー
カワイー♪

コレ
バーゲンで50%OFFだよぉ

『50%も、OFFだよぉ!!』

誰かがコレを
買っちゃったら
なくなっちゃう

だから
『今、わたしが買わなきゃソンだっ』

で、結局、
『着ないまま』
数年が経過し、

とうとう
リサイクルショップへ
売られていったのであります。

1万円近くを出して
買った洋服は
今日『100円』でした。

あのとき
『ソン』だと思って買ったはずが、

あのとき『買ってしまった』から
『ソン』をしちゃいました。

おかしいよネェ。

こんなハズでは
ありませんでしたよー。

でね
思ったのです。

リサイクルショップへ
洋服を持っていくと、

査定の間、
番号札を渡されて、
20分間くらい
『待たされる』のです。

なにもしないで
ソコへい続けるのも
アレなので、

店内をウロウロ
うろうろ。

そう
コレがいけなかったっ!

『一枚のステキな洋服』が
わたしの目に
飛び込んできたのです。

わー
コレいいかもー

そして
試着すると
どうでしょう

ピッタリ
じゃないですかっ。

うわー

コレほしい
コレほしい。

値札をみると
『1080円』ですよ。

激安!

古着ですからね
『安い』んです。

わたしは
とまどいました。

どーしよう
どーしよう

1000円だったら
『買える』よ。

『痛くない』金額だし。

頭の中では
『買っちゃえー』
『買っちゃえー』という
声が。

もう
ほぼ『買っちゃえ派』の
勝利が目前でした。

 

スポンサーリンク




 

しかし
そのとき、
わたしの中から
聞こえてきたのです。

『ソレ買って、どーする』

今日、
服を買い取ってもらったお金は、
『この洋服1枚』となって、
消えてしまうよ。

『浪費はもうやめよう』って
言ってたよね。

その洋服は
『本当に欲しいモノなの!?』

『それでいいの!?』
と。

そうです。
ワタクシメ

商品を手にして、
『コレ、本当にいるの?』
『いらないよね?』

できるようになったのです!!

カンドー

超カンドー!

『何も買わずに』
店を一歩出た
ワタクシの目に入ってきた

真夏の青い空

チョー
蒸し暑かったけど

すがすがしかった。

わたしって
エライ!!

よく頑張ったっ

いえーい!!

手元には
1,160円。

DSC04171100円で買い取って、お店で販売するときは1080円になるのだろうなぁ。
とほほ。

 

そう
数万円分の洋服は
たったの
『1,160円』でした。

帰りに
『桃』と『梨』と
『ぶどう』を買いました。

『1,160円』は
なくなりました。

でも
わたしはまだ
『くだもの』を
育てることができないから、

この『くだもの』には
とても価値がある

そう思ったので
お金を支払って
買って帰りました。

とても
満足しています。

あの洋服たちは、
わたしの体に必要な
ビタミン
ミネラルを補給してくれる

貴重な
『食べ物』へと姿を変えました。

これで
よかったのです。

服が減って、
風通しのよくなったクローゼット。

ゆとりの空間がある
衣装ケース。

ワタクシメ、
もう42歳でありますから、

もう
おもいつきで
『お洋服を買う』のは
やめとこう。

それよりも、
『カラダ』だよね

服でごまかさなくても
自分で納得のできる
『カラダの維持』だ。

どこまで
健康的なカラダを
維持していくかだね。

そういうことを
『意識』し、
『喜び』に気づける
自分になれれば、

買えばすぐに手に入る
『ムダな買い物』も
減っていくのではないだろうか?

なーんて
思ったのですが
いかがでしょうか。

それではまた(^^)

本日もお越しいただき
ありがとうございました。

またあした!!

タイトルとURLをコピーしました